メラニンの生成量で地黒になる?色白になることはできないの?

もともと地黒として生まれた場合は、もう色白になることはできないのでしょうか?地黒になっているということは、遺伝によってメラニンが活発に分泌されているということになります。生まれ持ったものなのだから、色白になることなんて出来るわけがないと諦めている人もいるかもしれませんが、決して不可能だというわけではありません。

 

どのようにすれば、少しでも色白な肌にしていくことができるようになるのでしょうか?肌が黒いのであれば、一般的な美白ケアをしてもなかなか色白にしていくことは難しいです。

 

例えばスキンケアをするときにハイドロキノンが含まれている基礎化粧品を使用するという方法があります。このハイドロキノンというのは、メラニンを生成するのを妨げる働きを持っています。メラニンを作るときに必要なチロシナーゼという酸化酵素の活動を抑制し、メラニンが作られにくくなるのです。

 

他にもいろいろな美白成分もありますが、それらの美白成分よりも美白効果が10〜100倍ほど高いとされています。ただし、ハイドロキノンの濃度が高い場合、副作用が出てしまう危険性もありますので、低濃度で安全に使用するようにしましょう。肌の外側からアプローチをするのも大切ですが、内側からもアプローチをするようにしましょう。

 

例えば、サプリメントで肌に良い成分をしっかり摂取するという方法があります。どうしても、肌の外側からだけアプローチをしても限界があるんです。ですので、体内部からも美白にしていけるようにしましょう。その美白効果がある成分として知られているのはビタミンCでしょう。

 

このビタミンCというのはメラニンの生成を抑えたり、還元してくれる働きがあるとされています。このビタミンCは果物などの中にも含まれているのですが、このビタミンCは一度にたくさん摂取しても意味がありません。水溶性ビタミンですので、体の中で蓄えることができないのです。ですので、1日になんども摂取しなくてはならないですし、1回あたりにそれなりの果物の量を食べることになりますので、続けるのは結構難しいです。

 

サプリメントであれば、こまめに摂取することが出来るようになりますし、果物を買うよりも手軽に続けることが出来るようになります。ですので、ビタミンCを摂取するのであれば、サプリメントを検討してみてはいかがでしょうか?