遺伝が色白の要因になることが多い

同じ日本人でも、肌の色って随分違っていることも珍しくありませんよね。色黒の人もいれば色白の人もいるのですが、どうして肌の色に違いがあるのかというと、遺伝が要因になっていることが多いです。先祖から受け継がれている遺伝によって、結構肌の色が違っていることは珍しくありません。

 

肌の色というのは、メラニンの量やサイズによって変わってくると言われています。自分の本来の肌を知りたいのであれば、普段日光などに当たらない部位の肌を見るようにしましょう。一番わかり易いのは、お尻ではないかと思います。他の部位は肌が色黒気味になっているとしても、お尻の肌は白くなっているのであれば、本来のあなたの肌は色白だと考えることができます。

 

色白の人の場合、メラニンの量が少ないですから、紫外線の影響を受けやすい傾向にあります。日焼けをしても肌が焼けにくくなってしまっているのであれば、それは遺伝によって引き継がれているからだと考えていいでしょう。一時的に日焼けをしたことによって肌が黒っぽくなったとしても、メラニンが新陳代謝によって排出されたら徐々に肌の色は元の色白になっていきます。

 

ですので、基本的にずっと日焼けをした状態になるということはないのです。なお、色白の人は日焼けをしてメラニンを増やすことで色黒にすることはできますが、色黒の人は元々肌が黒いですので、色白にしていくことは非常に難しいです。